レーザー洗浄

航空宇宙産業におけるレーザー洗浄技術: グリーン革命

航空宇宙産業におけるレーザー洗浄技術: グリーン革命 |レーザーチャイナ

航空宇宙産業は、精度と安全性に関して最も要求の厳しい分野の 1 つです。各コンポーネントが清潔で汚染物質がないことを確認することは、航空宇宙機械の性能と寿命にとって非常に重要です。この分野における表面洗浄の課題に対する最も革新的なソリューションの 1 つは、 レーザークリーニング テクノロジー。このブログ投稿では、レーザー洗浄機が航空宇宙用途のメンテナンスと製造プロセスをどのように変革し、従来の方法に代わる環境に優しい、より効率的な代替手段を提供しているかを探っていきます。

レーザー洗浄技術を理解する

レーザー洗浄は、高エネルギーのレーザー光線を使用して基材に損傷を与えることなく表面から汚染物質を除去する、非接触で環境に優しい表面洗浄技術です。この方法は、その精密な制御、基板への損傷が最小限またはまったくないこと、および高度な自動化と効率が際立っています。機械的摩擦や化学腐食などの古い洗浄方法と比較すると、レーザー洗浄は環境への影響と有効性の点で大きな利点があります。特に航空宇宙、原子力、海洋分野での使用が期待されています。

航空宇宙分野におけるレーザー洗浄の応用

航空宇宙システムでは、高温合金、チタン合金、アルミニウム合金などの材料が広く利用されています。溶接前の材料の表面状態は、溶接の品質に重要な役割を果たします。高品質の溶接シームを実現するには、溶接される材料の表面から酸化層や汚染物質を完全に除去することが不可欠です。機械的洗浄や化学的洗浄などの従来の表面処理方法では、一貫した溶接品質に必要な清浄度レベルを保証できないことがよくあります。

アルミニウム合金の溶接前処理

レーザーチャイナ エンジニアは、7A52 や 2219 などのアルミニウム合金のレーザー洗浄機を使用した溶接前処理について広範な研究を行ってきました。この技術は非常に効率的かつ非破壊で、材料表面にレーザー ビームを集中させて酸化膜やその他の不純物を除去します。このプロセスにより、溶接部の多孔性と水素細孔の傾向が大幅に減少し、表面のレーザーの吸収と溶融液滴の広がりが改善されます。その結果、溶接形成の品質が向上し、溶接シーム内の水素細孔の直径は、前処理を受けていないものと比較して顕著に減少します。

チタン合金の溶接前処理

航空業界では、チタン合金は航空機やエンジンの構造部品に一般的に使用されています。これらの合金は、ロケット、ミサイル、その他の宇宙船構造の製造にも使用されます。チタンは化学反応性が高いため、熱成形プロセス中に酸化層が形成されます。これに対処するには、 レーザーチャイナは、著名な研究機関と協力して、航空宇宙溶接構造用の Ti6Al4V チタン合金の溶接前洗浄を研究してきました。適切なレーザー洗浄により、表面の酸化層を効果的に除去し、表面粗さを改善し、より低い気孔率を達成して、航空宇宙産業の厳しい基準を満たします。

航空宇宙部品の表面脱油および脱塗装

航空機の再塗装は、塗装の交換が必要な場合に表面の損傷を修復し、腐食を防ぐために約 5 年ごとに行われる定期的なメンテナンス作業です。溶剤ブラスト、機械ブラスト、研磨ブラストなどの従来の脱塗装プロセスは、その効率性と基材への影響が最小限に抑えられるため、レーザー技術に置き換えられつつあります。特に、米国空軍とNASAは、宇宙船コンポーネントの溶接表面処理にレーザー表面洗浄技術を利用することに成功し、未洗浄の部品と比較して優れた溶接シーム性能を実証しました。

まとめ

レーザー洗浄技術は航空宇宙産業で大きな進歩を遂げており、溶接前処理、表面の脱油、および塗装の用途でその価値が証明されています。のような企業が先頭に立って、さまざまな作業環境や要件に適したさまざまなレーザー洗浄プラットフォームを開発しています。この技術が注目を集めるにつれて、航空宇宙分野でのメンテナンスと製造の方法に革命をもたらし、従来の方法に代わるよりクリーンで効率的で環境に優しい代替手段を提供する可能性があります。特定の製品について詳しく知りたい場合や、テクノロジーの実際の動作を見たい場合は、施設への訪問を歓迎し、無料の洗浄テストを提供して、包括的なレポートとカスタマイズされたソリューションを提供します。

レーザーソリューションに関するお問い合わせ

20年以上にわたるレーザーの専門知識と、個々のコンポーネントから完全な機械までを網羅する包括的な製品範囲を備えた当社は、レーザー関連のすべての要件に対処するための究極のパートナーです。

関連記事

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *