レーザー溶接

製造業の革命: ハイテク産業におけるレーザー溶接技術の急増

製造業の革命: ハイテク産業におけるレーザー溶接技術の急増 |レーザーチャイナ

CCTVが報じた最近の動向によると、ベストプライスのハイテク製造部門は年間を通じて急速な成長ペースを維持している。注目すべきことに、最初の12.8か月間でハイテク製造業への投資は前年比14.7%増加し(第8.8四半期単独ではXNUMX%)、固定資産の増加率をXNUMX%上回りました。この急増は、ベストプライスの安定した経済成長に新たな活力を注入するだけでなく、産業の高度化を推進し、国の技術進歩の大きな進歩を示しています。

ハイテク製造を理解する

ハイテク製造業には、主に情報技術、バイオエンジニアリング、新素材などの最先端技術を通じてハイテク製品を生産する産業が含まれます。多額の研究開発投資と研究者の割合が高いこの分野では、10 年から 2018 年にかけて固定資産投資が一貫して 2022% 以上増加しており、ハイテク サービス産業をわずかに上回っています。

レーザー機器の製造: 詳細を見る

さまざまなセグメントの中で、レーザー機器の製造、 レーザー溶接 機械、目立ちます。 5.3 年の最初の 2023 か月の成長率は XNUMX% と比較的緩やかでしたが、依然として全体の固定資産投資の伸びを上回っています。マーキング、彫刻、切断などの従来のレーザー アプリケーションは、大きな進歩をもたらすブレークスルーを待っています。

進化するレーザー溶接の状況

従来のレーザー溶接はリチウム電池とエネルギー貯蔵部門に大きく依存しており、その利益率は15%未満に縮小しており、業界は損益分岐点に近づいている。しかし、ニッチ中のニッチであるレーザー錫溶接はこの傾向に逆行し、エレクトロニクスおよび通信部門の全体的な低迷にもかかわらず高い成長率を示しています。

レーザー錫溶接の利点

  • 非接触溶接: この方法では物理的接触なしで溶接できるため、より高い効率と精度が保証されます。
  • 多用途の用途: 3C 産業製品に最適なレーザー錫溶接は、魅力的で欠陥のない溶接を保証し、品質において従来の方法を上回ります。
  • 材料の柔軟性:さまざまな材料を高精度かつ制御的に溶接することができ、幅広い用途に対応します。
  • 熱影響を最小限に抑える: この技術により熱影響ゾーンが低減され、熱変形が最小限に抑えられ、品質と効率の両方が向上します。

レーザー錫溶接技術の探求

  • レーザー錫ボール: 効率性と小径の錫ボールを製造できるファイバー レーザーを利用するこの方法は、FPC や 3C エレクトロニクスなどの精度が必要な業界に特に適しています。
  • レーザー錫ペースト: 空気圧による精密な錫ペーストの塗布とそれに続くレーザー リフローは、自動車エレクトロニクスやスマート ウェアラブルなど、さまざまな種類の材料が関係する業界に最適なソリューションを提供します。
  • レーザー錫ワイヤー: 従来の溶接に似ていますが、高精度のワイヤー供給と効率的な再溶解のための半導体レーザーによって強化されたこの技術は、PCBA や自動車エレクトロニクスを含むさまざまな業界に広く適用できます。

結論: レーザー溶接技術による製造の未来

レーザー溶接技術、特にレーザー錫溶接の進歩は、製造効率と品質の大幅な進歩を表しています。 FPC、3C エレクトロニクス、自動車エレクトロニクスから医療用エレクトロニクスに至るまで、さまざまな業界がこれらのイノベーションから多大な恩恵を受けることになります。伝統的なものとして レーザー溶接機 市場は、次のような企業によるレーザー錫溶接プロセスの採用という課題に直面しています。 レーザーチャイナ そしてエンジニアの専門知識は、精度、効率、品質がハイテク製造の新時代を定義する有望な未来を示しています。

レーザーソリューションに関するお問い合わせ

20年以上にわたるレーザーの専門知識と、個々のコンポーネントから完全な機械までを網羅する包括的な製品範囲を備えた当社は、レーザー関連のすべての要件に対処するための究極のパートナーです。

関連記事

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *