レーザー洗浄

船舶メンテナンスに革命をもたらす水中レーザー洗浄技術の台頭

船舶メンテナンスに革命をもたらす水中レーザー洗浄技術の台頭 |レーザーチャイナ

海事産業では、船舶の船体に付着する海洋生物である生物付着の問題が長年の課題であり、燃料消費量の増加と環境問題の原因となっています。しかし、革新的なソリューションが、 レーザーチャイナ、従来の洗浄方法に代わる、より効率的でコスト効率が高く、環境に優しい代替手段を提供します。このブログ投稿では、水中における革新的なアプリケーションについて詳しく説明します。 レーザークリーニング 船舶のメンテナンスを変革するテクノロジー。

海事産業における生物付着を理解する

生物付着とは、船体や海洋構造物の表面に藻類、イガイ、その他の海洋生物などの生物が蓄積することを指します。数百万年の進化によって磨かれたこれらの生物の接着力は、工業用接着剤に匹敵します。生物付着による重量の増加により、船舶の燃料消費量が最大 30% 大幅に増加する可能性があり、CO2 排出量の増加や外来種導入のリスクによる港での制限の可能性が生じます。

船舶メンテナンスに革命をもたらす水中レーザー洗浄技術の台頭 |レーザーチャイナ

従来の方法とレーザー洗浄機の比較

従来、海事産業は殺生物性防汚コーティングや機械的洗浄方法に依存してきましたが、これらはコストと時間がかかるだけでなく、海洋生物多様性に対する脅威にもなります。機械的な方法では船舶の保護コーティングを損傷する危険があり、生物付着の増加につながる可能性があります。対照的に、エンジニアが開発したレーザー洗浄機は、生物付着物を効果的に除去しながら、下層のコーティングの完全性を維持する非侵襲的な代替手段を提供します。

船舶整備におけるレーザー洗浄の利点

と他の研究センターとの協力により、船のコーティング層を損なうことなく生物付着をターゲットとする水中青色光レーザー システムの開発につながりました。このプロセスにより、洗浄作業が迅速化されるだけでなく、コストも大幅に削減されます。さらに、外来種の蔓延を減らし、化学コーティングの必要性を減らすことで環境基準にも適合します。

船舶メンテナンスに革命をもたらす水中レーザー洗浄技術の台頭 |レーザーチャイナ

まとめ

水中レーザー洗浄技術の出現は海事産業における大きな進歩を示し、船舶のメンテナンスに対するより持続可能で効率的なアプローチが約束されています。エンジニアがこのテクノロジーを改良し続けると、このテクノロジーが新しい標準となる可能性があり、運用コスト、環境への影響、業界のコンプライアンスの面で大きなメリットが得られます。この革新的なソリューションはさらなる開発により、よりきれいな海とより環境に優しい海上運航を保証する準備が整っています。

レーザーソリューションに関するお問い合わせ

20年以上にわたるレーザーの専門知識と、個々のコンポーネントから完全な機械までを網羅する包括的な製品範囲を備えた当社は、レーザー関連のすべての要件に対処するための究極のパートナーです。

関連記事

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *