レーザー溶接

レーザー溶接でシールドガスを使用するための基本ガイド

レーザー溶接でシールドガスを使用するための基本ガイド |レーザーチャイナ

レーザー溶接に関しては、高品質の溶接を保証するためにシールドガスを正しく使用することが不可欠です。シールドガスは、溶接ビードの形成、品質、深さ、幅に極めて重要な役割を果たします。シールドガスを正しく利用すると大きなメリットが得られますが、誤って使用すると溶接プロセスに悪影響を与える可能性があります。この包括的なガイドでは、エンジニアがシールドガスの使用にどのようにアプローチするかを探ります。 レーザー溶接 最適な結果を達成するためにマシンを使用します。

シールドガスによる溶接品質の向上

シールドガスを適切に使用すると、溶接池を酸化から保護し、溶接プロセス中のスパッタを最小限に抑え、均一で美しい溶接ビードを促進できます。また、金属蒸気プルームやプラズマ雲によるレーザーへの遮蔽効果も軽減できるため、レーザーの有効利用率が高まります。溶接の気孔率を減らすには、適切なシールドガスの適用が重要です。ガスの種類、流量、塗布方法を適切に選択することで、 レーザーチャイナ エンジニアは理想的な溶接結果を達成することができます。

シールドガス適用における落とし穴の回避

シールドガスの使用方法が間違っていると、溶接の品質が低下し、間違ったガスの種類を選択すると溶接の亀裂や機械的特性の低下につながる可能性があります。流量が正しくないと、酸化が悪化したり、溶接池に乱れが生じ、崩壊や不均一な形成が発生する可能性があります。同様に、不適切な施工方法では溶接部を保護できなかったり、溶接部の形成に悪影響を及ぼしたりする可能性があります。特に薄板溶接では、シールドガスが溶接溶け込み深さに大きな影響を与える可能性があります。

レーザー溶接でシールドガスを使用するための基本ガイド |レーザーチャイナ

レーザー溶接機に適したシールドガスの選択

LASERCHINA のエンジニアは通常、シールド ガスとして窒素 (N2)、アルゴン (Ar)、およびヘリウム (He) を使用します。それぞれのガスには溶接結果に異なる影響を与える独自の物理化学的特性があります。窒素は中程度のイオン化ポテンシャルを持ち、プラズマ雲の形成を減らすのに適しています。ただし、アルミニウムや炭素鋼などの特定の金属と反応して窒化物を形成し、溶接部を脆化させる可能性があります。一方、窒素はステンレス鋼の溶接部の強度を高めることができます。アルゴンは反応性が低く、コスト効率が高いため、一般的な保護には標準的な選択肢です。ヘリウムは、プラズマ雲の形成を制御するのに最適であり、金属と反応しないにもかかわらず、高価であり、通常、高価値の用途または研究用に確保されています。

シールドガスの最適な適用技術

シールド ガスを適用する主な方法は、サイドブローと同軸の 2 つです。技術者は一般に、保護範囲が広いためサイドブローを推奨しますが、最終的には特定の製品構造とジョイントのタイプによって選択が決まります。特定の用途では同軸方式が必要な場合があり、これらの方式の選択は、さまざまな要素を慎重に検討した後に行われます。

要約

シールドガスとその適用方法の選択は、レーザー溶接製造の品質、効率、コストに大きな違いをもたらす可能性があります。溶接材料は多様であるため、エンジニアは、材料の種類、溶接方法、望ましい結果などのさまざまな要素を考慮して、タスクに最適なガスを選択する必要があります。入念なテストと専門知識を通じて、シールド ガスの最適な使用を裏付けとして、レーザー溶接機が可能な限り最高の溶接を行うことを保証します。工業生産であれ、精密用途であれ、シールドガスの役割を理解することは、レーザー溶接プロセスにとって不可欠です。

レーザーソリューションに関するお問い合わせ

20年以上にわたるレーザーの専門知識と、個々のコンポーネントから完全な機械までを網羅する包括的な製品範囲を備えた当社は、レーザー関連のすべての要件に対処するための究極のパートナーです。

関連記事

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *