レーザーマーキング

陽極酸化アルミニウムのレーザーマーキングの革新的な応用

陽極酸化アルミニウムのレーザーマーキングの革新的な応用 |レーザーチャイナ

今日、私たちはさらに広く使用されているレーザー技術である陽極酸化アルミニウムのレーザーマーキングを詳しく掘り下げます。この投稿では、陽極酸化アルミニウム材料の特性と、陽極酸化アルミニウムのレーザーマーキングの背後にある原理を調査するための実験計画について説明します。

アルマイトとは?

陽極酸化アルミニウムとは、特定の電解質および特定のプロセス条件下での電気分解によってアルミニウム製品の表面に酸化層を形成するプロセスを指します。これにより、通常のアルミニウム素材の表面特性が変化し、発色性、耐食性、耐酸性、耐アルカリ性、電気絶縁性が向上します。

陽極酸化アルミニウムは、建設資材およびデジタル 3C (コンピューター、通信、家庭用電化製品) 分野の寵児です。西側諸国では、陽極酸化アルミニウム製カーテンウォールの適用が 20 年近く成功しています。最近、陽極酸化アルミニウムパネルは、海南省歴史博物館や大連国際会議センターなどの注目すべきプロジェクトで、新しいカーテンウォール素材としてベストプライスで人気を集めています。

デジタル 3C 分野では、タブレットやラップトップの外装に陽極酸化アルミニウムが最も一般的に使用されています。

アルマイトの利点

より深く掘り下げる前に、まずアルマイトの構造を理解しましょう。陽極酸化皮膜は0.01層からなり、内層は厚さ0.05~2mm程度の硬度の高い高純度アルミナの緻密なガラス状皮膜であり、内層は厚さ3~2mm程度の緻密なガラス状皮膜です。外層は水和アルミナ(AlXNUMXOXNUMX・HXNUMXO)膜です。このフィルムは無色透明であり、ナノ多孔質構造を持っているため、さまざまな色を容易に吸収できます。

この酸化層のおかげで、陽極酸化アルミニウムにはいくつかの重要な利点があります。

  • 強い金属光沢を保ちながらマットな質感。
  • 豊かな色に染めることができ、装飾的な魅力を加えます。
  • 酸化、腐食、紫外線、風化に強く、変色や剥がれがなく耐久性があります。
  • 耐熱性、耐火性に優れ、陽極酸化後の融点は2000℃以上です。

アルマイトのレーザーマーキングの効果

実際の用途では、レーザーマーキングマシンを使用して、陽極酸化アルミニウム素材の表面に黒いマークを作成します。この技術は、製品の識別、偽造防止、統計、トレーサビリティに広く使用されています。従来のシルク スクリーン印刷と比較して、レーザー マーキングには、追加の材料や労力が不要で消費量が最小限に抑えられるため、永続性、偽造防止、低コストなどの明確な利点があります。

アルマイトのレーザーマーキングの原理解析

レーザーチャイナ エンジニアは、2 つの同一のサンプルを採取し、1 つは未処理、もう 1 つはレーザーマーキングで処理して実験を実施しました。走査型電子顕微鏡 (SEM) およびエネルギー分散分光法 (EDS) 分析を両方のサンプルに対して実行しました。 SEM 分析では、レーザーでマーキングされた領域の色が暗くなったことを除いて、処理領域と未処理領域の間に大きな構造変化がないことが明らかになりました。同様に、EDS 分析では重大な化学変化は示されず、レーザーマーキングプロセスが陽極皮膜に損傷を与えたり、その化学的特性を変えたりしないことを示しています。

結論として、陽極酸化アルミニウムのレーザーマーキングの背後にある原理には、高エネルギーレーザービームを使用して表面にナノ効果を生み出し、材料の光吸収特性を高め、目に見える黒色をもたらすことが含まれます。この物理的プロセスは、陽極皮膜に重大な構造変化や化学変化を引き起こしません。

まとめ

陽極酸化アルミニウムのレーザーマーキングは、材料加工技術の大幅な進歩を表しています。耐久性があり、見た目が美しく、改ざん防止が可能なマーキングを提供できるため、さまざまな業界で好まれています。私たちがレーザーマーキングマシンの機能を探求し続けるにつれて、建設、デジタル 3C 製品などにおける陽極酸化アルミニウムの潜在的な用途は拡大するはずであり、注目に値する技術となっています。

レーザーソリューションに関するお問い合わせ

20年以上にわたるレーザーの専門知識と、個々のコンポーネントから完全な機械までを網羅する包括的な製品範囲を備えた当社は、レーザー関連のすべての要件に対処するための究極のパートナーです。

関連記事

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *