レーザー溶接

複合レーザー溶接とアニュラービーム溶接技術の違いを理解する

複合レーザー溶接と環状ビーム溶接技術の違いを理解する |レーザーチャイナ

複合材の複雑さを発見する レーザー溶接 この包括的なブログ投稿では、環状ビーム溶接について説明します。私たちは、これら 2 つのレーザー溶接機技術を区別する微妙な違いを掘り下げ、特にリチウム電池分野での独自の用途を探ります。あなたが業界の専門家であろうと、愛好家であろうと、この投稿は、 レーザーチャイナでは、これらのテクノロジーがどのようにプロセスを革新し、さまざまな業界に拡張できるかを説明します。

光源と光路設計の違い

複合レーザー溶接と環状ビーム溶接技術の違いを理解する |レーザーチャイナ

環状ビームは、内側部分と外側部分で構成され、それぞれが異なるレーザー モードを送信する特殊な光ファイバーを介してワークピース上にリング状のスポットを生成します。外側のリングはより低い出力密度を提供し、内側のセクションは高出力密度のガウス レーザーを提供します。両方とも独立して調整できます。比較すると、複合レーザー溶接機は、ファイバーレーザーと半導体レーザーを異なる光路で組み合わせる、分離された外部光路を利用し、その結果、銅やアルミニウムなどの高反射率の材料に特に効果的なハイブリッドビームが得られます。

アニュラービーム溶接と複合レーザー溶接の用途の違い

環状ビームは低スパッタ特性で知られており、これはレーザー溶接プロセス中に安定したキーホールと溶接池を作成するのに不可欠です。一方、複合レーザー溶接は多波長の組み合わせ機能を備えており、スパッタが少なく、滑らかな溶接表面で高反射率の合金を効率的に溶接できます。エンジニアはこれらの技術をさらに洗練させてキーホールの形態を安定させ、気孔やスパッタなどの一般的な溶接欠陥を大幅に削減しました。

複合レーザー溶接と環状ビーム溶接技術の違いを理解する |レーザーチャイナ

レーザー溶接アプリケーションにおける運用の差異

環状ビームは、超高速溶接を容易にするコンパクトで安定した光路設計を提供し、さまざまなコリメートおよび集束ヘッドに適応できます。逆に、複合レーザーは、2 つのレーザー光源の焦点面と間隔を調整できる柔軟なシステムを提供し、不均一な厚さ、極薄のオーバーラップ、および高反射率合金に適しています。熱衝撃ゾーンがより広範囲に及ぶため、より高いエネルギー利用とより滑らかな仕上げが可能になります。

複合レーザー溶接と環状ビーム溶接技術の違いを理解する |レーザーチャイナ

要約

要約すると、複合レーザー溶接と環状ビーム溶接の両方には、当面の溶接作業の特定の要件に応じて活用できる独自の利点があります。エネルギー密度、ビーム径、スパッタを制御できるため、これらの技術はレーザー溶接機業界にとって非常に貴重なものとなります。当社はこれらの方法の探究を続けながら、溶接革新の最前線に立ち続け、エンジニアやメーカーが利用可能な最も高度で効率的な溶接ソリューションに確実にアクセスできるようにします。高速用途であれ、複雑な材料であれ、これらの違いを理解することが、ニーズに合った適切なレーザー溶接アプローチを選択する鍵となります。

複合レーザー溶接と環状ビーム溶接技術の違いを理解する |レーザーチャイナ

レーザーソリューションに関するお問い合わせ

20年以上にわたるレーザーの専門知識と、個々のコンポーネントから完全な機械までを網羅する包括的な製品範囲を備えた当社は、レーザー関連のすべての要件に対処するための究極のパートナーです。

関連記事

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *