レーザーマーキング

ステンレス鋼のレーザーマーキング技術の基礎を理解する

ステンレス鋼のレーザーマーキング技術の基礎を理解する |レーザーチャイナ

レーザーマーキング技術は、材料、特にステンレス鋼などの金属の彫刻方法に革命をもたらしました。この高度な技術は、デザインをエッチングするだけでなく、マーキングにポップな色を追加することもできます。ステンレス鋼のレーザー マーキングおよびカラー レーザー マーキング プロセスの背後にある原理を探求しながら、レーザー彫刻の世界に飛び込んでください。

レーザーマーキングの基本原理

ステンレス鋼へのレーザーマーキングでは、高エネルギー密度のレーザービームを使用してワークピースの表面を局所的に照射します。これにより、表面の材料が急速に蒸発するか色が変化し、下にある材料が露出します。あるいは、表面素材に化学的および物理的変化が生じ、目に見える跡が残る可能性があります。場合によっては、レーザー エネルギーによって素材の一部がアブレーションされ、目的のパターンやテキストが現れます。レーザーマーキングマシンは、この洗練されたプロセスで重要な役割を果たし、最終的なマーキングの精度と品質を保証します。

ステンレス鋼へのカラーレーザーマーキングの革新

カラーレーザーマーキング ステンレス鋼の加工は、レーザーの熱エネルギーがステンレス鋼の表面に酸化物層を形成する創造的なプロセスです。この酸化物層は温度の変化によって色が変化し、その結果、カラフルなマーキング効果が得られます。

レーザーチャイナ エンジニアは、レーザーマーキングプロセス中に色の発現につながる 3 つの重要な原則を特定しました。

着色酸化物の形成。

  • 干渉色を生み出す無色透明な酸化膜の形成。
  • 有色酸化物と無色の酸化物膜を同時に形成します。
  • ステンレスカラーレーザーマーキングの推奨機器。

高品質のステンレススチールカラーレーザーマーキングを実現するには、特別な装置が必要です。次の設定を推奨します。

  • レーザーの種類: MOPAレーザー 調整可能なパルス幅で知られる (マスター オシレーター パワー アンプ) を強くお勧めします。
  • レンズの選択: 一般的な選択は、254mm*170mm のレーザーマーキング領域をカバーする F170 レンズです。
  • ステンレス鋼素材: 薄い素材は熱により変形する可能性があるため、わずかに厚い 304 ステンレス鋼が推奨されます。

焦点合わせ方法:

  • Q スイッチ レーザーの場合、一般にオフフォーカス方式が使用されます (通常は下方に焦点をシフトします)。
  • MOPA タイプの調整可能なパルス幅レーザーの場合、通常は通常の焦点で十分です。

LASERCHINA のエンジニアは、調整可能なパルス幅レーザー、特に通常の焦点でこれらの色を実現できる MOPA タイプで実現できる一般的な色のパラメーターに関するガイドを提供します。

最適なカラーマーキングのためのプロセス分析

レーザーマーキングの色の変化は、密な充填間隔、中程度のパルス幅、高周波などの要因に影響されます。言い換えれば、色の違いは主にレーザーの単一パルスエネルギーと鋼板上のレーザースポットの重なり率に影響されます。幅広い色を実現するには、これらのパラメータを細かく制御できるレーザーマーキングマシンが不可欠です。

まとめ

ステンレス鋼のレーザーマーキングの技術は、彫刻に鮮やかな色を追加できるようになり、より複雑になりました。基礎となる原理を理解し、高品質のレーザーマーキングマシンなどの適切な機器を使用することで、企業は耐久性があり視覚的に魅力的なマーキングで製品を強化できます。は革新を続け、レーザーマーキングで最高の結果を達成するための業界をリードするアドバイスとテクノロジーを提供します。見た目の美しさであれ、機能的な目的であれ、レーザーマーキング技術の進歩は、マテリアル彫刻の可能性の限界を押し広げ続けています。

レーザーソリューションに関するお問い合わせ

20年以上にわたるレーザーの専門知識と、個々のコンポーネントから完全な機械までを網羅する包括的な製品範囲を備えた当社は、レーザー関連のすべての要件に対処するための究極のパートナーです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *